言いにくい言葉、サ行の滑舌を良くする方法
【スピリットボイストレーニング・大阪】

★☆ 言いにくい言葉、サ行の滑舌を良くする方法【スピリットボイストレーニング・大阪】★☆

今日のワンポイントレッスンは、とっても言いにくい音「サ行」の克服法です!
私、昔、本当に言えなかったので、言えない方の苦労がよくわかります、、、。でも、言えるようになります!

 

舌先を下の歯と歯茎の間あたりに、チョコっと触れさせてみてください。
そして、舌を盛り上げないで、フラットにしてみてください。
ここが、舌の定位置です。
ここに舌をつけたまま話すと、滑舌がむちゃくちゃよくなります。

サ行・・・破擦音ですので、擦る音を加えます。
口の中の上あごの奥の方と、舌の奥の方の隙間を狭くして、音を出す時に擦る音を加えます。 これでバッチリ!

いままで、舌がどこについていたのか・・・・ハテナですね。
だあれも、舌の位置なんか気にしたことがないと思います。
たぶん、多くの方の舌先は、中途半端な空中に浮いているんだと思います。
舌をひっこめて話すと、舌ったらずで甘えん坊になります。
舌が前に出すぎても、これも意外と甘えん坊になります。
舌の長い短い印象は、本当に長い短いではなく、動かし方次第なのです。
舌先を、先ほどの定位置に固定して話すと、大人っぽい印象になります。
舌の動かし方は、筋肉の癖なので、とにかく徹底して、意識して練習してみてください。

私も、サ行が大の苦手で、「おはようごらいます」「ごれん(午前)」と言っていました。
アナウンサースク-ルの先生からは、「池本・・・お前アナウンサー無理や」と言われておりました(涙)。
し、か、し!、練習すれば、克服できます!
私は、歩いている時は、ず~~~~っと「さ・し・す・せ・そ」と言い続けておりました。
目に入る看板などの文字を、常に声に出して読んでいました。
本当に根性出してやれば、できます。

ですが、歯並びなどの問題があると、根性出してもよくなりません。 その場合は、歯医者さんに相談してみてくださいね。

 

そして、そして、
意識を後ろにすると、あら不思議!勝手に滑舌が良くなります。これ、もう何人もの方で実証済みです。

舌の位置と「俯瞰」の意識で、滑舌はもう大丈夫!

毎日の繰り返しが身になります。
がんばってくださいね。

 

〜 言いにくい言葉、サ行の滑舌を良くする方法 の無料セミナー動画です〜

 

 

※ 俯瞰で話すボイストレーナー 池本美代子 ※
スピリットボイスは、「俯瞰(ふかん・上から全体を見る)」に意識をおいて話すボイストレーニング法です。

 

「意識を変えるだけで勝手にいい声になる」スピリットボイスを身につけると、滑舌も勝手に良くなるのです。

 

***************

 

◎頬や喉の力がとれて滑舌が勝手に良くなる「スピリットボイス体験会」は、こちら

◎スピリットボイスについて詳しくは、こちら

◎お問い合わせ、ご質問などは、こちら
 ご質問にお答えするビデオを、今後配信していきます!

 

もっとビデオで学びたい方は

池本美代子がビデオでボイトレをお伝えしている「FUKANクラブ」へ!
毎週5分間ぐらいの「使えるボイトレレッスンビデオ」が、あなたの元に届きます。
月会費:1,080円

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright © 2017 セルフプロデュース トレジャー大阪 All Rights Reserved.

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account